EJPスタッフブログ

ソフトウェアやボードゲームの開発を行うEJP株式会社のスタッフブログです。

Githubのアカウントを作成して、ソースコードを公開する。

こんにちは。Tetoatomです。

ほんと今更ですが、パブリックなリポジトリが必要になったので、Githubに登録してみたいと思います。 今まではBitbucketでプライベートなリポジトリ運用は行なっていましたが、自分のソースコードを公開したいと思ったので、アカウント作成しています。

Githubのアカウントを作成

ではアカウントを作成して行きたいと思います。 以下から、Githubにアクセスします。 https://github.com/

[browser-shot url="https://github.com/" width="400"]

トップページからアカウント作成が可能になっています。

ユーザー名、メールアドレス、パスワードを入力して、Enterを押下すればあっという間にアカウント作成完了です。

はやい!!

なお、自分のページには「https://github.com/<ユーザー名>」でアクセス可能です。 私のユーザー名はtetoatomなので、「https://github.com/tetoatom」でアクセス可能です。

Githubを運用する

ログイン後のトップページにはGit Bootcampとして手順が英語で記載されています。

Set Up Git

ローカルパソコンのセットアップを行います。 Macであれば、デフォルトでGitはインストールされていると思いますので、特にインストールは不要かと思います。

Gitがインストールされていることを確認したら、コンフィギュレーションをセットアップします。

Username

[bash] git config --global user.name &quot;Your Name Here&quot;

[/bash] 上記のコマンドでGitを運用するユーザー名を設定しておきます。

Email

[bash] git config --global user.email &quot;your_email@example.com&quot;

[/bash] 上記のコマンドでGitを運用するユーザーのEmailアドレスを設定しておきます。

Password caching

以下はGitにアクセスするたびに、ユーザー名とパスワードを入力したくない場合、スキップすることができる設定を行います。 Macの場合、キーチェーンアクセスに登録しておきます。

まずは、以下のコマンドでその設定が可能かどうかチェックします。 [bash] git credential-osxkeychain

[/bash]

Usage: git credential-osxkeychain <get|store|erase>」と表示されればひとまず、OKです。

git: 'credential-osxkeychain' is not a git command. See 'git --help'.」と表示された場合、コマンドがインストールされていませんので、新たにインストールする必要があります。 その場合は、以下のコマンドでダウンロードしましょう。 [bash]

コマンドのダウンロードです。

curl -s -O http://github-media-downloads.s3.amazonaws.com/osx/git-credential-osxkeychain;

ダウンロードしたコマンドに実行権限を付加します。

chmod u+x git-credential-osxkeychain;

コマンドをインストールします。

sudo mv git-credential-osxkeychain dirnamewhich git``;

[/bash]

上記でインストールは完了です。 後は以下のコマンドを投入してGitにキーチェーンアクセスを使用することを設定します。 [bash] git config --global credential.helper osxkeychain

[/bash]

Create A Repository

それでは、セットアップも完了したのでリポジトリを作成してみましょう。 リポジトリの作成はGithubの画面から簡単に作成可能です。 ログインして、こちら「Create a new repository」から作成可能です。

Fork A Repo

Githubでは流用元のリポジトリを明確にする「Fork」という機能があります。 Gitの機能ではなく、Githubの機能になっています。 これによって、だれかが公開しているリポジトリソースコードを改造したい場合、明示的に流用元を示すことができます。 また、そのリポジトリに対してForkされた数も表示されますので、リポジトリの人気を表す数値を示すことにもなります。

Be Social

Githubにはソーシャル機能も存在します。 特定のユーザーを「Follow」したり、気になるプロジェクトの変化を見逃さない様に「Watch」したり、その他にもリポジトリに関する機能が沢山あります。

ソースコードをコミットするという事がよりソーシャルになるGithubを活用して、楽しい開発環境整備をしていこうと思います。