EJPスタッフブログ

ソフトウェアやボードゲームの開発を行うEJP株式会社のスタッフブログです。

期待を裏切る!ブログ記事の外注サービス

今回は某外注サイトで以下の情報で外注しました。

・記事タイトル:iPhoneの負けを認めざるを得ない!?最新の高性能Androidスマホ!ベスト5! ・キーワード:iPhone, Android ・文字数:800文字

[adsense]

「ベスト5」とかキーワードにしておくと、期待通りの記事が納品されるので良いと思うのですが、これは適当すぎました。

スマートフォンは世界中のブランドから様々な魅力的な端末がリリースされていますが、OSにおける比率を目にした時に理解できるのはiPhoneもしくはAndroidのどちらかを有している方に分かれるということです。 iPhoneは1年に一度モデルチェンジが行われますし、Androidは半年に一度のペースで新モデルが市場に投入されるので、ユーザーとしては常に選べる選択肢が潤沢にあるという嬉しい状況です。 しかし、あまりにも参入しているブランドが多いことから、本格的に買い求めようとした時に選定すべき機種がわからないと感じている方も少なくありません。 しのぎを削って争っている2つのブランドには各々に特徴があるので、自分の使い方をイメージして決めることが望ましいのですが、近年専門知識に長けている方がこぞって口にしているのはAndroidの方が一歩先を行っているということです。 特に、昨今は家庭用ゲーム機の市場を脅かすほど携帯電話のシステムが成長しており、実際に開発しているメーカーもアプリケーションに移行させて再配信や新発売を実行しているほどなのですが、そうしたゲームの処理速度を念頭に置いた時Androidに軍配が上がります。 特にテレビゲームは日本のお家芸とも言われているので、移植させた時に不都合なく楽しめる国産のスマートフォンとの相性が良いです。 こうした情報を知ると国産が抜群に良いと考える方も居ますが、必ずしも海外製が望ましくないというわけではなく、OSとの相性を考慮した時に優れているのはオペレーションシステムを開発している大手検索サイトのモデルということになります。 実はアンドロイドというのは端末の中に入っているソフトの中に写真や動画、文章などを保存しているように見えるものの実際は検索サイトが維持しているサーバーに繋げています。 そのため、本家が提案している仕組みをシームレスな気持ちで使いたいのなら必然的にシステムを作っている組織が生み出している機器にすべきなのです。 さらに、昨今ますますiPhoneの牙城を崩すきっかけになるとされているのが、写真撮影をした時に目を見張るような美しさで撮れるカメラ機能です。 カメラ機能と言えば言わずもがな世界で日本製のレンズが最も鮮明に記録できるとして周知されているので、老舗の会社への支持が世界各国から集まっています。 加えて高精細なモニターが使われているので、撮ったものが大変綺麗に楽しめる上にテレビにも繋げられます。

もう、一台もおすすめのスマホをピックアップしてくれていません... これはもう困ったレベルです...