EJPスタッフブログ

ソフトウェアやボードゲームの開発を行うEJP株式会社のスタッフブログです。

GZIP圧縮を有効化してシェイプアップ!!

Google AnalyticsでWEBページ解析していたら、どうもレスポンスが良くないようです。。 以下のページで自分のサイトの解析を行うことが可能です。 「PageSpeed Insights: Google Developers

いくつか問題があったのですが、その中で「Enable compression」という項目がかなりページのレスポンスに影響しているようでした。 これはWEBページ転送の際の圧縮に関する項目のようです。

はっきり言って知らなかったのですが、WEBページの圧縮転送が有効になってなかったようです。 デフォルトでは有効ではないのですね。

そこで、早急にこの件について対応しました!!

プラグインを使用

まずはプラグインを使用して、ページ圧縮の有効化をしてみます!! 今回使うのは「WP HTTP Compression」です! WordPressプラグイン検索ページからダウンロード可能です。

ダウンロードして、有効化すれば特に設定は不要のようです。

以下のサイトでページ圧縮設定を確認できます。

「GIDZipTest」 自身のサイトURLを入力してCheckボタンを押すと「Web page compressed?」という項目に圧縮の有無が表示されるのですが、プラグインを入れただけでは赤字で「No」となってしまいました。 圧縮がうまくできていないようです。。

.htaccessに設定をついかする

やはり、.htaccessに設定を記述しなければ有効にならないのでしょうか?? ということで、次サイトの.htaccessに以下を記述しました。

[code language="html"]

compress text, html, javascript, css, xml:

AddOutputFilterByType DEFLATE text/plain AddOutputFilterByType DEFLATE text/html AddOutputFilterByType DEFLATE text/xml AddOutputFilterByType DEFLATE text/css AddOutputFilterByType DEFLATE application/xml AddOutputFilterByType DEFLATE application/xhtml+xml AddOutputFilterByType DEFLATE application/rss+xml AddOutputFilterByType DEFLATE application/javascript AddOutputFilterByType DEFLATE application/x-javascript AddType x-font/otf .otf AddType x-font/ttf .ttf AddType x-font/eot .eot AddType x-font/woff .woff AddType image/x-icon .ico AddType image/png .png [/code]

再度、有効になったかチェックしてみます!! 。。。が、「No」のままでした。。。

うーむ、なぜだろう。。

と、調べていたら、いかにさくらレンタルサーバーでは上記の圧縮を効かせるためのモジュールがインストールされていないそうです。。 その為、別の方法で回避可能ということです。 「mod_deflateでWebサイトを高速化

PHP.iniに設定を追加

上記サイトの最後の記述を参考に、さくらレンタルサーバーのPHP設定から、PHP.iniに以下の記述を追加しました。

[code language="html"] zlib.output_compression=on zlib.output_compression_level=2 [/code]

上記設定を保存して、はじめに設定した「WP HTTP Compression」プラグインも削除、「.htaccess」への追加処理も削除しました。 再度チェックすると「Web page compressed?」が「YES」になりました!!

さくらはちょっとこのあたりが特殊なようですね。

ただ、「zlib.output_compression」というのはhtmlしか圧縮してくれないようです。。 さくらレンタルサーバーにおいてはCSS/Javascriptについて圧縮するような方法はないようですね。。